« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005.07.30

米櫃の心配

そろそろ、買いに行かなくてはいけないんじゃないかな〜。
そわそわ。そわそわ。
土曜日は、お米が安いのです。

夏休みがはじまって、
「お米の減り具合が早いのよ。」と笑っていた母。
甥っこが家でお昼を食べるというだけなのに
「あっという間に」お米が無くなる、のだそうです。さすが食べ盛り。

この暑い中、自転車で「死にものぐるい」で米を買いにいかれても心配なので
「買物、どうする?」とお伺いをたてたところ
今日は兄が休みなので大丈夫との事。
逆に「がんばりなさい。」とはっぱをかけられちゃいました。
明日がグループ展の搬入日なのです。
ははは。今さらがんばってもね〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.17

いたた

人間がヤワにできているもので
痛いのは苦手です。
あぁそれなのに、また主婦湿疹が悪化してしまった。
何故なんだ〜!
去年の冬は右手の中指で、痛い目にあいました。
今度は左手、薬指がピンチです。
…気をつけているつもりなのに…やっぱりヤワなのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.16

お買物

市内の商店街にある画材屋さんが閉店するらしい。
画材が2割〜7割引!と聞いていそいそと出掛けてきました。
不透明水彩、が欲しいな〜と。
あれこれ迷って、結局18色セットを購入。
予定にはなかったのだけれど、透明水彩6色セット
〝朝もやの街角のようなミルキー色のグループ〟
というキャッチフレーズにぐらっときて、つい買ってしまいました。
〝朝もやの街角のような〟イラストが描けるかも〜
っていう妄想をつい抱いてしまったのですね、やれやれ。

そして、私にしては珍しく、その日のうちに色チャートを作りました。
新しい絵の具って、こうやって、はじめての色を塗ってみるのが至福の時。
うふふ、満足、満足〜。これだけで満ち足りてしまいますね〜。
…あれ?何か、このまま一年くらい寝かせてしまいそうな予感…

久しぶりに出掛けた商店街なのですが、再開発事業とかで、
お店は軒並み閉店セール…すでに閉まっているお店もたくさんあって
何だか閑散としていました。
私が子どもの頃は、一番繁華な商店街だったのに…
しみじみ時の移ろいを感じながら、
ついでに我が身の衰えも実感したりして。ほほほ。
(たいして歩いていないのに足が痛いのは、なぜ〜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.13

もうすぐ夏休み

なので、宿題もそれほどでもないようで…
しかしながら、先日の保護者面談で、
家庭科の授業に、全くついていっていない事が判明した甥っこ。
急遽、お針の特訓がはじまりました。
針に糸を通して、結び玉を作る。
とにかく、これができるようにならなくちゃね。
…予想はしていたけれど、やっぱりとっても難しい…

家庭科の教科書でみると2ページ分の課題。
ミニティッシュを入れるケースを縫うのかしら?
彼がマスターするのは、いつになるやら…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.06

リンクを更新

イラストレーター&Gデザイナー
金子健治さんのホームページにリンクを張らせていただきました♪
ご存知の方もそうでない方もぜひ!

ms


◎本日の更新
 そして、とりあえず表紙を7月に…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.03

好きな科目は

体育、音楽、算数、国語、家庭科、理科…
期末テストが終わって、一学期の成績も何となく予想できてしまう
うちの小学五年生との会話。
私「理科きらい?」
甥「実験とかが、ちょっとね」
私「楽しくないの?」
甥「ちょっとむずかしいんだよね」
私「グループでするでしょう?みんなで協力しあえば平気だよ。
  …誰といっしょなの?」
甥「○ちゃんとか、○ちゃんとか」
あ、納得。どの子もしっかりさんで、きみ叱られちゃうのね。
甥「うん。○ちゃん声が大きいんだよね。」
そっか、でもあんまり気にしない方がいいよ。
みんなだって、意地悪で言っているわけじゃないと思う。

おっとり、ぼんやりの甥っこは、しっかりさんのペースについていけないようです。
きびしく言われるのが苦手な彼には
理科の実験はちょっと「嫌だな〜」になっちゃうのね。
しっかりさんのいらつく気持ちもすごくよくわかる。
たぶん、うちの甥っこは、簡単な作業もちゃんとできなくて
みんなに迷惑をかけているんだろうな、ごめんね。

学校でのあれこれを
にこにこ笑いながら、おしゃべりする甥っこ。
笑顔は君の美点だよね。どんな時もその笑顔を忘れないでいてほしいな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »